桜ポートレート撮り方

桜ポートレート撮り方

ここしばらくインスタグラムのフィードが桜一色でしたが
ようやく落ち着いてきましたね^^

今回、桜ポートレート撮影のコツをお伝えしようと思います。

まずは逆光で

とりあえず失敗なく?!王道なポートレートを撮るには逆光がおすすめ。
背景の緑がキラキラ玉ボケになるのも素敵!

髪の毛がキラキラってするのも逆光ならでは^^
ちなみに半逆光くらいが撮りやすいと思います。

 

影で遊ぶ

ちょっと慣れたら挑戦したいのが、影で遊ぶこと。
太陽の光がある方に顔を向けてもらうと
桜の影が顔に落ちてきます。

影がどんなふうに顔にかかるのか、
微調整しながらになるので、お子様を撮るにはちょっとハードルがあがりますが
大人の方なら、大丈夫。影の出方を見極めるのが難しいのですが、
ちょっと個性的な1枚が撮れます。

顔にかかる影がむずかしければ、お洋服に影が落ちるようにするのもおすすめです。

順光で撮る

ロケでの撮影は半逆光を選びがちですが
順光イメージも私は好きです。
メリハリがある桜ポートレートになります。

サンドイッチする

桜は、サンドイッチ方式にすると前ボケ、後ろボケが綺麗になり
立体感がでます。

カメラ側の手前に、桜の枝→被写体→桜の枝という風に
被写体の前後に桜の枝をいれると、

前ボケと後ろボケに囲まれて奥行き感じがでます。

あえてくっきり桜を魅せる

桜で気を付けなければいけないのが、ぼかしすぎないこと。
背景に桜をいれてぼかしすぎるともはや桜なのかわからないことに‥💦

カメラからの距離が被写体と桜が同じにすると
(つまり被写体が桜に近い感じ)被写体と桜どちらもピントが合いやすくなります。

補色の緑を生かす

桜のピンクと補色の関係にある色は緑。
ピンクと緑は相性がとてもいいです。

桜まみれもいいですが、
こんな風に地面が緑だったら、緑をいれてみると
華やかになります。

ストロボを使う

桜撮影に限らず、、、ですがストロボで日中シンクロすると
こういうぱきっとした感じで撮れます。

その他

桜を撮る時、苦労するのはたくさんの人!
早朝に撮影にいってもどうしても人がいたりします。

そんな時は、人を被写体や手前の桜で前ボケさせたりして
どうにか人があまり写らないように工夫が必要。
こちらは花見客がたくさんいましたが工夫して撮影。
(ちょっと写っていますが‥💦)

ちなみに桜ですが、ソメイヨシノは白っぽいのですが
河津桜はきれいなピンク。
補色の緑がアクセントになるので、葉桜になりかけが私は好きでおすすめ。

地面にたくさんお花が咲いているような場所だったら
こんな風にお花まみれな写真も撮れます。

菜の花とかも咲いていたら黄色とピンクの素敵なコラボレーションも!

ちなみに

今回使ったレンズは、

NIKKOR 70-200mm f/2.8G

ロケでは万能選手です。

少しでも参考になればうれしいです^^

【現在募集中のイベント&お知らせ】

◆フォトレッスン◆
わずか10秒のひと手間で褒められ写真が撮れる!子連れOK!女性のための簡単一眼レフ&ミラーレス一眼フォトレッスン
詳細はこちら

ちょっとしたコツで見違える。わたしの「らしさ」が伝わる簡単スマホレッスン
詳細はこちら

フォトレッスン&出張撮影先行案内メール登録
ご登録はこちら

◆無料メール講座◆
1枚の写真から驚くほど魅力的にブランディングする7つの秘密
ご登録はこちら

誰でもセンスのいい写真が撮れる!魔法の7つのステップ
ご登録はこちら

◆最新情報Line@◆
撮影会&フォトレッスンなど最新情報をご案内
友だち追加

 

関連記事

SNS

最近の記事

  1. フォトグラファー養成講座10期生卒業

  2. フォトネクスト2021登壇レポ

  3. フォトグラファー養成講座10期ロケ実習レポ

PAGE TOP