イルミネーション&夜景の楽しめる撮り方

イルミネーションが綺麗な季節がやってきました!

イルミネーションは見ても楽しめますが、
写真を撮れるともっともっと楽しみが広がります!

イルミネーションの撮り方のコツは、色々あるのですが、
3脚は必須です!

以下マニュアル撮影が可能な方に設定も合わせてお伝えしますね。

こちらは長時間露光での1枚。


F22, ISO100, シャッタースピード5秒

長時間露光というのは簡単に言うとシャッタースピードを遅くして撮る撮り方のこと。

園地のブランコの乗り物です。
動いているブランコの光りの軌跡が綺麗に撮れますが、シャッタースピードが遅いので
手ぶれするため、三脚がないと撮れません。
三脚がない方は、どこかに置いて(塀の上とか)撮るのでもOKです!(多少ぶれますが)

こちらはジェットコースター。
長時間露光で、上記の写真と撮り方は同じです。

F18,ISO100,シャッタースピード5秒

夜景やイルミネーションは、ちょっとしたアクセサリを使うと
また違った楽しみ方ができます。

その1つが「クロスフィルター」
(クロスフィルターの種類などはこちら
レンズの前につけると、きらめきが増したように撮れるんです。

スノーの形も色々あって、私が持っているのは6角形のものです。
普通につけて撮るだけで、こんな感じでキラキラに!

ただし、
クロスフィルターはレンズの大きさに合ったサイズを買わないといけないので注意してくださいね!

お次はこちら!
なんと!玉ボケが星型に!

ISO320 、F5.6、シャッタースピード1/4秒(焦点距離190mm)

これ、どうしてるかというと、カメラのレンズの前に、真ん中に星型に切り抜いた画用紙を貼っているんです。
(詳しい作り方はこちら

この写真を撮る際に注意しないといけないのは、望遠レンズを使って望遠側で撮る事。
そうしないと、画面のまわりが「ケラレ」という現象で写りこまなくなってしまいます。

ハートでも撮りましたよ!


ISO320 、F5.6、シャッタースピード1/4秒(焦点距離300mm)

ハートで埋め尽くしても可愛いです。


ISO320 、F5.6、シャッタースピード1/4秒(焦点距離300mm)

最後は、露光間ズームでの撮り方。


ISO100, F22. シャッタースピード5秒

これは、シャッターを切っている5秒の間(実際にはレリーズを使用)に
ズームリンクを回して、マニュアルに設定したピントもずらしているんです。
そうすると最後に可愛い玉みたいな滴ができます!

この写真は、去年私のカメラの師匠である
こどもとかめら」の今井しのぶさんのイルミネーションレッスンに参加した時のもの。

子ども達を連れての遊園地での撮影だったので、
じっくり撮る事が難しかったのですが、それでも最後まで残って粘り強く撮りました(*^-^*)

今年も年末、どこかに撮影に行こうと思います!

是非皆さんもイルミネーション撮影、挑戦してみてくださいね!