クリップオンストロボでこんなことができる!クリップオンストロボデビューのすすめ

今日は、写真の作品の幅を広げてくれる
「クリップオンストロボ」の紹介をします。

クリップオンストロボって何?

まずはクリップオンストロボって何?というところからお伝えしますね。

クリップオンストロボとは、
カメラ本体の上部に取り付けて使う「外付けタイプ」のストロボの事を言います。

内臓ストロボとの違いは色々ありますが詳細はこちらを参照ください。

クリップオンストロボでできる事

クリップオンストロボでできることは「明るさ」を補う事以外に実は色々とあります。

クリップオンストロボを使用するメリットについては色々あるのですが、
この記事で紹介するのは、
背景と人物の露出(明るさ)を別々にコントロールできる、という点です。

具体例を見てみましょう!

では、さっそくですが、具体例を見ていきましょう。

こちらは、ロケ撮影した1枚です。
こういう撮影では、人物の明るさをちょうどよく設定すると背景が飛びがちになります。

人物がメインであればいいのですが、
背景もきちんと飛ばさずに撮りたい!という時がありますよね。

では背景がしっかりと写る明るさで撮ると・・・
以下のようになってしまいます。

背景はちゃんと写っていますが、今度は人物が暗くなってしまいました・・・。

レフ板などがあれば、レフ板で少し影となった部分を明るく起こすことはできますが、
1人で撮影しているとレフ板を使うのはちょっと大変です。

それに、あまり光がないような曇りの日だと思うように明るく起こせなかったりもします。

そんな時にあると便利なのがこのクリップオンストロボなのです。

クリップオンストロボは、光が届く位置が限られています。

つまり、ここでクリップオンストロボを使うと
人物にストロボの光が届いて明るくなりますが、
距離が離れている背景にまでは光は届かないため、
背景はストロボなしの状態と変わらない明るさで撮れるのです。

ストロボをつけて撮ってみると・・・
こうなります!

背景も白く飛ばず、人物は明るくきれいに撮れていますよね!

ストロボがないと、
人物と背景の明るさは同時にコントールしなくてはなりません。

つまり、背景に基準を合わせるか、人物に基準を合わせるか、
中途半端だけどどちらも適度に合わせるか、、、という選択しかありません。

けれど

ストロボがあることで、
背景はカメラ側の露出(明るさ)でコントロール、
人物はストロボの光で露出(明るさ)をコントロール、

とそれぞれ別々にコントロールすることができるのです。
これは夜景撮影にも応用ができます。

最後に

クリップオンストロボ、いかがでしたか?
なくても撮影はできるのですが、
あると撮影の幅がぐんと広がるのがクリップオンストロボ。

私も使い始めてから、
ストロボは必須になりました!

初心者のためのフォトレッスン開催中です。
詳細などはこちらをご覧ください。

 

**********************

撮影メニューはこちらをご覧ください。
フォトレッスンメニューはこちらをご覧ください。

【現在募集中のイベント&お知らせ】
◆フォトレッスン◆
わずか10秒のひと手間で褒められ写真が撮れる!子連れOK!女性のための簡単一眼レフ&ミラーレス一眼フォトレッスン → ▶▶▶ 詳細はこちらをご覧ください。
ちょっとしたコツで見違える。わたしの「らしさ」が伝わる簡単スマホレッスン → ▶▶▶ 詳細はこちらをご覧ください。

◆撮影◆
フォトレッスン&各種イベントなど先行案内メール登録 → ▶▶▶ 撮影会&フォトレッスン先行案内専用メール登録はこちらから
◆無料メール講座◆
1枚の写真から驚くほど魅力的にブランディングする7つの秘密 → ▶▶▶ ご登録はこちら
◆最新情報Line@◆
撮影会&フォトレッスンなど最新情報をご案内 → ▶▶▶ ご登録はこちら
友だち追加