目指せ!フォトジェニック!コスモス写真の撮り方

秋の花の代表といえばコスモス。

コスモスは撮り方で様々な表情を見せてくれるので
フォトグラファーにとってはとっても魅力的な被写体です。

こちらでは、そんなコスモスの撮り方を
いくつか例をあげながらご紹介していきたいと思います。

青空と一緒に撮る

王道なのは青空をいれて撮る1枚。

青空を綺麗に撮るには「順光」(自分の背中側から太陽があたっている状態)で撮るのがポイントです。

少し下目のローアングルから空を見上げるようにして撮るとコスモスと青空が一緒に撮れます。

ふんわりと撮る

また、コスモスはふんわり撮ると女子好みの可愛い写真に仕上がります。

設定が分かる方は、ピクチャーコントロール(ピクチャースタイル)でコントラストを弱くして、明るい露出(Aモード撮影の方は露出補正+)にして撮るとこうなります。
F値が分かる方は、F値を小さくして、ボケ感を大きくしたり、
マクロレンズで撮るのもおすすめです。

明るすぎるかな~位明るくしてもふんわり可愛いです。

写真は自由な世界なので、白飛び(明るすぎる)してもそれが自分の求めるイメージならそれでOK!
要は自分の好きな世界観が出さたらそれは誰がなんと言おうといい写真なのです。

ホワイトバランス(WS)を変えて撮る

ホワイトバランス(WB)を変えられる人は、マニュアルで青みを足すか、「電球」モードとか「白熱蛍光灯」モードにすると、雰囲気が違った1枚が撮れます。

雰囲気を変えて撮りたい!という方は、
WB、ぜひ試してみてくださいね。

夕日と一緒に撮る

コスモスは夕日もすごく似合います。

マジックアワーと言われる陽が落ちる寸前の夕焼けと一緒に撮ると幻想的に撮れます。

ちょっと幻想的に撮ることができます。

同じコスモス写真でも色々な雰囲気・バリエーションで撮れるんです。

モノクロで撮る

最後に、おススメなのは、モノクロ。
コスモスは色がきれいなので、カラーで撮るのが普通なのですが、
敢えてモノクロで撮るコスモスもあり、ですよ(^^)

私の一眼レフ&ミラーレス一眼レフのフォトレッスンは初心者でも安心!わかりやすい言葉で専門用語をかみ砕いて教えています。女性限定で、子連れもOK!

自分のイメージ通りに撮影できるマニュアルモードを2時間でマスターできます。
難しいイメージがあるマニュアルモードですが、たった3つのボタンを使いこなすだけで、仕組みが分かればとってもシンプルなんです。

タンスの奥に眠っている一眼レフ・ミラーレス一眼がある方、ぜひこの秋の素敵に季節にフォトデビューしませんか

レッスン詳細はこちらをご覧くださいね。